トップページ > スタッフコラム > 西林 恵理 > 今日のキーワード「オーナーチェンジ」

スタッフコラム

2020.01.25

今日のキーワード「オーナーチェンジ」

こんにちは!曇りだとなんだか元気がでない西林です☁

昨日、「オーナーチェンジ」という言葉について学んだので、

さっそく豆知識として披露させて頂こうと思います!😚笑

 

オーナーチェンジ

簡単に言えばマンションなどを貸している人がごっそりそのまま代わること。

 

例えば、AマンションのB号室は△さんがオーナーでした。

そこを〇さんが借りて住んでいます。

しかし、△さんはそのお部屋を売りたくなりました。

〇さんはそのまま住んでるけど、△さんはオーナーの権利を手放したいよ!

誰か買ってほしいな!

 

というのが「オーナーチェンジ」。

ここで、その部屋を買って自分が住みたい!という人が現れると、

オーナーさんと居住中の人とで解決することになるみたいです。

そっくりそのままだから住んでる人がいて、収益が安定するという利点もあるようです。

 

しかしここで、落とし穴があるようです。実際にあった事例として紹介されていたのですが、

とある所に、現在居住状態で、他より利回りの良い人気マンションの物件があったそうです。

仲介業者もすごくオススメしており、相場は調べずに投資のために購入を決めたそうです。

しかし購入後すぐに家賃が滞納され、住んでいた人はそのまま退去してしまったそうな。

相場より高い家賃に設定されていたため入居者が現れず、結局値下げして入居者を一生懸命探さなくてはいけなくなりました。

これによりマンションの購入代金がローンで残ってしまっているという状況に陥ることがあったそうです😫

 

オーナーチェンジ物件を買う時は、相場を自分でしっかり調べておくことが大切です。

 

そしてもう一点。

居住中ということは内覧ができないので、中が傷んでいたということを買った後で知ることもあるようです。

 

それぞれメリット・デメリットをよく知り、見極めることが大切なのですね😤

ページの先頭へ

Copyright (C) 山口中古住宅不動産情報ナビ, All Rights Reserved.